社会保険労務士事務所 愛知県 労働問題

社会保険労務士事務所 愛知県 労働問題
ご案内 社会保険労務士事務所 愛知県 労働問題
社会保険労務士とは?
顧問契約について
顧問契約のご契約の手順
労使トラブル解決事例
知って助かる助成金支援
労働者でお困りの方はこちら
皆様のお仕事は何ですか? 社会保険労務士事務所 愛知県 労働問題
新規事業の方
製造系の方
運輸系の方
医療系の方
サービス系の方
介護事業系の方
労務管理の達人 清水晃一 社会保険労務士事務所 愛知県 労働問題
社会保険労務士への道
トラブルを未然に防ぐ チェックシート
お悩みから解放された社長たち
事務所案内 社会保険労務士事務所 愛知県 労働問題
事務所案内・地図
最新ニュース・事務所便り
スタッフ採用情報
インフォメーション 社会保険労務士事務所 愛知県 労働問題
プライバシーポリシーについて
ご相談・ご質問フォーム
製造系の方 労働問題 労務管理 就業規則
   製造系の方
その1
   最近過労死のニュースが多いが、当社も残業時間が1ヶ月100時間を超えている
   社員もいるので心配だが、どういう対策をとったらいいのか…。

予防策・解決策 労働問題 労務管理 就業規則

   まず、雇入れ時と1年以内ごとに1回、定期に法定項目の健康診断を
   実施する必要があります。

   また、深夜業、有害物質や振動工具を取扱う業務など特定業務に
   常時従事する社員には6ヶ月以内ごとに1回、
   定期に法定項目の健康診断を実施する必要があります。

   そして、その結果に基づいて医師等から意見聴取し、適切な対応をしましょう。
   また、残業時間が1ヶ月当たり100時間を超える場合は、
   医師による面接指導の制度を導入する必要があります。

   残業時間が1ヶ月当たり80時間を超えた社員には、厚生労働省で作成している
   「労働者の疲労蓄積度自己診断チェックリスト」を記入してもらうことを
   お勧めします。
   残業時間が多い場合は、36(時間外労働・休日労働に関する)
   協定の範囲内で収まっているか確認する必要があります。

   【予防策・解決策】⇒社労士に安全衛生管理や36協定、労働時間管理などを
                 相談することをお勧めします。
                 ご相談・ご質問フォームへ

   労働者の疲労蓄積度自己診断チェックリストは→厚生労働省ホームページへ

枠下 労働問題 労務管理 就業規則

その2
   当社の給与は基本給の他いろいろな諸手当
   (役職手当・家族手当・住宅手当・職務手当・技能手当・接待手当
   ・皆勤手当・食事手当・通勤手当)を付けているが、
   割増賃金は基本給と役職手当だけを基礎にして計算しているが、
   先日退職した社員から、残業代の計算がおかしいので2年前まで遡って
   再計算して差額を支払って欲しいと言って来たが、どうしたらよいのか…。

予防策・解決策 労働問題 労務管理 就業規則

   割増賃金の計算基礎から除外できるのは、

   1. 家族手当、2. 通勤手当、3. 別居手当、4. 子女教育手当、5. 住宅手当、

   6. 臨時に支払われた賃金、7. 一ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金

   の7種類だけであり、限定列挙とされていますので、違法となります。

   従って、役職手当の他にも職務手当・技能手当・接待手当・皆勤手当
   ・食事手当も割増賃金の基礎にいれなければなりません。

   ただ、家族手当、住宅手当、通勤手当は、いくら名称が同じでも
   内容が一律支給するような場合などは、除外できませんので注意が必要です。

   【予防策・解決策】⇒社労士に賃金規程の見直しや給与計算について
                 相談することをお勧めします。
                 ご相談・ご質問フォームへ

枠下 労働問題 労務管理 就業規則

その3
   当社では、休日に出張に出発し、1週間出張業務を行い、
   次の休日に帰着するといった長期出張をさせる場合があるが、
   休日の行き帰りは、残業手当を支払っている。
   
   ところが、取引先の社長に聞いたところ、
   休日の行き帰りに対する残業手当は支払っていないとのことだが、
   どちらが正しいのか…。
予防策・解決策 労働問題 労務管理 就業規則

   休日に出張旅行する場合について、それが「労働時間」に該当するかどうかが
   ポイントになりますが、一般的には、ただその日は移動するだけであれば、
   労働時間には該当しませんので、残業手当を支払う必要もないでしょう。

   しかし、移動したその日に業務上の打合せなどが行なわれる場合には、
   時間外労働あるいは休日労働になり、残業手当や休日勤務手当を支払う
   必要があります。
   
   【予防策・解決策】⇒社労士に就業規則、賃金規程の見直しを
                 相談することをお勧めします。
                 ご相談・ご質問フォームへ

枠下 労働問題 労務管理 就業規則

その4
   会社の機密データを持ち出し、競合他社に売り込んでいた社員がいました。
   この社員をどのような処分にすればよいでしょうか…。
   
   
予防策・解決策 労働問題 労務管理 就業規則

   在職中であれば、懲戒処分とすることが可能です。
   しかし、社員が既に退職してしまった場合、その社員に対して
   処分を行うことは難しいでしょう。
   
   但し、社内の規律を守るためにも、社内的に懲戒解雇扱いにすることは可能です。
   
   この場合についても、退職手当の減額についての規定が明記されている
   必要があります。
   
   【予防策・解決策】⇒社労士に就業規則、賃金規程の見直しを
                 相談することをお勧めします。
                 ご相談・ご質問フォームへ

枠下 労働問題 労務管理 就業規則

製造系の方 ページのTOPに戻る

まずは一度ご相談ください。 労働問題 労務管理 就業規則
TEL:0532-51-6064

人事・労務問題・労務管理は
愛知県豊橋市の清水労務管理事務所

〒440-0851 愛知県豊橋市前田南町1-1-1
タワーレジスタンスHADA203号室
ご相談・ご質問フォームへ 労働問題 労務管理 就業規則
事務所のご案内はこちらから 労働問題 労務管理 就業規則
COPYRIGHT(C)2008 清水労務管理事務所 ALL RIGHTS RESERVED.